DARUMA STORE

SASHIKO & KOGIN > こぎん針






こぎん針

江戸時代に青森県津軽地方で生まれた布地の補強と保温をするために生まれた刺し子の技法「こぎん」。 布の目に沿って目数を数えながら刺していくので、一度に長く刺せるように針が長いことが特徴です。 また、刺し子糸よりも太い"こぎん糸"に合わせて針の太さも刺し子針よりも太く作られています。

太さ1.06mm×長さ65mm
2本入
材質 鋼
生産国 日本


※こちらの商品はレターパックライト(全国一律 370円)で配送できます。複数の商品をご購入され厚さ3cm以上になる場合は、ゆうパックでの送付となりますが追加の費用はありません。
  • 180円(税抜)

型番 01-8860